腰痛・ギックリ腰

症状メニュー

腰痛・ギックリ腰

腰痛・ギックリ腰


 

このようなお悩みはありませんか?

  • その場に立っていられないぐらい腰が痛い。
  • 荷物を持ち上げる時に痛い。
  • 長時間の車の運転中や、イスに座っている時に痛い。
  • 朝起き上がる時に痛い。

腰痛の原因

腰痛になる原因は、個人によって様々ですが、基本的には「骨の歪み」「腰の筋肉の脆弱化」「スポーツ時による筋肉負荷」が挙げられます。この3つの原因が元で腰痛になるのであればなぜ、腰痛を訴える人とそうでない人がいるのかを考えなければいけません。

「ギックリ腰」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」と様々な腰の症状がありますが、スポーツ時などの過度の腰への負荷による損傷でなければ、問題は腰ではなくそれ以外の骨や筋肉に原因があります。

腰という部位は、股関節、骨盤、肩関節などと多くの骨や筋肉に囲まれているため、腰以外の損傷や筋緊張、骨の歪みであったとしても十分に悪影響を受けてしまいます。大切なのは、腰だけでなく周りの骨や筋肉の緊張や歪みも、しっかりと治療していく必要があります。

 

腰痛が他の院で治らない理由

現在、一般的に行われている腰の治療では、腰の筋肉を手技や電気で緩めて、骨の歪みを整えるために矯正をしていく治療院が多いです。

また、症状がひどい場合は痛み止めの注射をしたりもしますが、一時的に痛みを取っているだけで、根本的な治療にはなっていません。腰の筋肉を手技や電気で緩めると、確かに動きは良くなります。腰の矯正をすれば痛みも取れます。早い段階ですぐ再発します。

なぜなら、慢性的に腰が悪い場合は、原因は腰ではなく周りの骨の歪みや筋肉の緊張によって腰の骨が圧迫されたり筋肉が緊張しているからです。腰は周りの骨や筋肉の悪影響を受けやすいので痛みを取るだけでなく、日頃の体のバランスや腰に負荷がかかってしまう悪いクセをしっかり治療することが重要となります。

 

腰痛の治療方法

腰が痛い場合、初診では腰はほとんど触りません。なぜなら痛い場所を押しても患者様がさらに痛みを感じるだけだからです。

痛みとは、これ以上無理をするな体を動かすなというサインです。ですので、腰が痛いからといって局所への集中治療はせずになぜ腰が悪くなったかを全身のバランスや腰以外の骨の歪みや筋肉の緊張が強い場所を探します。

その中で当院では、全身のバランスや体の悪いクセを探す方法として足首の捻れを見るようにしています。足首は立っている時に体重がかかる場所であり体を支えるうえで重要な土台となります。

 

ギックリ腰の原因

「ギックリ腰」とは、別名であり正式名所は急性腰痛と言います。つまり、常に腰に痛みを感じる症状ではなくいきなり腰に激痛が走り立ってもいられないぐらいの症状の事を言います。「ギックリ腰」になる原因は、腰に負荷がかかっている状態で無理に動かしたり日頃からの腰の骨への圧迫や捻れが積み重なることで発症します。

「ギックリ腰」を治す時に、腰の骨の捻れや筋肉の緊張を治療してもなかなか症状は改善されません。「ギックリ腰」はただの腰痛とは違い強い体の捻れと筋肉の緊張が合わさって痛めているのです。ですので、腰の骨が捻れたり、筋肉が緊張してしまったのかを探して治療することが重要であり「ギックリ腰」になったからといって腰だけに原因があるわけではありません。

激痛により座る事も立って歩くこともきつくなるので腰の矯正で骨の捻れを戻したり、腰のマッサージをして筋肉の緊張を緩めようとしても体中が硬くなっているので痛みの軽減どころか、さらにひどくなる場合もあります。

腰という部位は、股関節、骨盤、背骨、肩関節と多くの関節に囲まれているため腰に原因がなくても他の関節に捻れや筋肉の緊張があると、悪影響を受けやすいのです。腰自体の動かせれる範囲は狭く背骨や骨盤、股関節と連動して大きな動きが出来ています。しかしながらその大きな動きによる衝撃を抑えてくれるクッションの役割の椎間板は30才をピークに少しずつ減少してしまうため、腰の動きが悪くなってしまい、連動していた周りの関節などにも悪影響が出てしまうのです。腰だけではなく全体からのバランスを整える必要があるのです。

 

ギックリ腰の治療方法

当院では腰自体の治療ではなく、周りの関節の捻れや筋緊張を治していきます。すると、腰にかかっていた圧迫が開放され少しずつ腰の動きが出てきます。次に、腹部も緩めていきます。腹部が硬くなると体中の動きが鈍くなります。特に「ギックリ腰」になると、体を動かすと激痛が走るので腹部を硬くして体を動かさないようにしてしまいます。ですので、腹部の緊張を緩める悪いクセを取ることは「ギックリ腰」の治療においてかなり重要なポイントとなります。

 

腹痛・ギックリ腰については当院にお任せ下さい!

足首と骨盤の関係が重要ですのです。
つまり、土台である足首の捻れが大きければ大きい程その上にある膝関節、股関節、骨盤、腰などに負担がかかるのです。背中と腹部の緊張も腰の痛みに関連しているので、腰だけの治療をしていても症状改善にはつながらない事が多いです。

当院は痛みを取るだけでなく患者様が今後ひどい腰痛に悩まされないように、体の悪いクセやなぜ痛くなったのかを考えながら治療して行きます。また、「ギックリ腰」はじっとしていてすぐ治る症状ではありませんので、少しでも腰に痛みを感じたら是非一度当院の治療を受けてみて下さい。心よりお待ちしております。

 

お電話お問い合わせ

092-608-1976

9:30~12:30|15:00~20:00
(水曜午前・日・祝除く)

オンラインでのご予約

お問い合わせ

24時間いつでも受付いたします。

092-608-1976